集中治療を勉強

集中治療をメインに医学知識の備考録です。

Effect of Targeted Polymyxin B Hemoperfusion on 28-Day Mortality in Patients With Septic Shock and Elevated Endotoxin LevelThe EUPHRATES Randomized Clinical Trial
JAMA. 2018;320(14):1455-1463.
Abstract
◯重要性
・Polymyxin B hemoperfusionは敗血症でのエンドトキシンレベルを減少させる。敗血症性ショックでエンドトキシンの活動性が上昇している患者でpolymyxin B hemoperfusionを使用することで臨床アウトカムを改善するかもしれない
◯対象
・敗血症性ショックでエンドトキシン活動性が高い成人患者450人(エンドトキシン活性≧0.60)
◯デザイン
・多施設ランダム化研究
・2010年9月〜2016年6月の北米55 teritary hospitals(アメリカ、カナダ)
◯介入
・2つのpolymyxin B hemoperfusion(90-120minutes)+標準治療をenrollment後24時間以内 (n = 224 patients) or 偽性hemoperfusion+標準治療 (n = 226 patients)
◯主要アウトカムとmeasures
・primary outcome→ランダム化された全患者とmultiple organ dysfunction score (MODS)>9の患者の28日死亡率
◯結果
・450人のeligible enrolled patients (meanage, 59.8years ;177[39.3%]women; mean APACHE II score 29.4 [range, 0-71 with higher scores indicating greater severity)のうち、449人(99.8%)が研究を完了した。
・Polymyxin B hemoperfusionは全患者の28日死亡率(treatment group, 84 of 223 [37.7%] vs sham group 78 of 226 [34.5%]; risk difference [RD], 3.2%; 95% CI, −5.7% to 12.0%; relative risk [RR], 1.09; 95% CI, 0.85-1.39; P = .49)または、MODS>9の患者の28日死亡率(treatment group, 65 of 146 [44.5%] vs sham, 65 of 148 [43.9%]; RD, 0.6%; 95% CI, −10.8% to 11.9%; RR, 1.01; 95% CI, 0.78-1.31; P = .92)に関して有意差はなかった
・全体として264件の重大なadverse eventsが報告された (65.1% treatment group vs 57.3% sham group)
・最もよくある重大なadverse eventsは敗血症の増悪 (10.8% treatment group vs 9.1% sham group)、敗血症性ショックの増悪(6.6% treatment group vs 7.7% sham group)であった
◯結論
・敗血症性ショックでエンドトキシン活性が高い患者で、Polymyxin B hemoperfusion+標準治療は、偽性hemoperfusion+標準治療と比較して28日死亡率を減少させない。
 
相反する2つの先行RCT(EUPHASABDOMIX)がある中での最大規模のRCT。この結果から少なくともPMXが推奨される可能性は低いであろう。